何故男は言葉が足りないのか何故女はおしゃべりなのかの3つの理由!

ノウハウ

つい先日のこと、カップルの話し合いに立ち会う場面があったのです。その時に、男性が家の支部の元会員さんだったのですが、私が聞いていても、言葉が足らないな!と思うばかりでした。

交際経験のある女性なら、おそらくあるあるだと思うのです。何故男性は言葉が足りないのか?話が下手なのか?を恋愛心理学の本を参考に解き明かします。

何故男は話が下手なのか?

実はこれ何千年も前から分かっている事実なのだそうです。

会話に関しては、生まれた時から、女の子の方が男の子より話し始める時期が総じて早く、3歳くらいには男の子より3倍近い語彙を身に付けていると言われているそうです。

理由は遺伝子的に脳の作りの差によるもので、男は話すときに左脳しか使っていないのに対して、会話をしている時のMRI画像で男女で動いている部分に明らかに大きな差が見られます。

女性の脳は脳梁という右脳と左脳を繋いている部分が男性より太いため、右脳と左脳の連絡が良く、言語と発話を司る部分が両方の脳に点在しているので、女性の方が言語と発話が得意に出来ています。

これは、女性の脳の特性で、語学に関しての教師数や通訳者数は女性の比率がかなり多い領域だそうです。逆に数学、科学系の教師数は圧倒的に男性が多いという事なので男女の特性ということですね。

男の話し方

敵と戦い、家族を守り、問題を解決するべく進化してきた男たちは、恐怖や不安を表に出さずに自分の頭の中で自問自答して、答えを出そうとするのが男性脳の特性でもあるようです。

また、例えば電話は男性にとっては事実や情報を他人に伝えるための通信手段と捉えているが、女性にとってはコミュニケーションツールだったりするわけです。

男の話す言葉は短く、論理的な構造がしっかりしている。単刀直入に話が始まり、要点をおさえて結論をハッキリ述べるので、何を言いたいのか、何を望んでいるのか分かり易いものです。

しかし、一度にたくさんの話題を出すと、男は混乱してしまう物らしいです。だから、男を説得したり、納得して貰うためには女は具体的な話を1つだけ出すことが肝要だと言うことです。

男の脳は機能ごとの区分けがハッキリしているので、情報を分類して保存する能力に長けているそうです。こんな時女の脳はひたすら問題をかき回すだけなのだとか⁉

何故女はおしゃべりなのか?

女の子が男の子よりおしゃべりなのは、女の子の方が母親から話しかけられる時間が長いからで、精神科医のマイケル・ルイス博士の実験でも、母親が娘の方に多く話しかけ見つめていたことが確認されているそうです。

女の子の脳は言葉を発したり、受け止めたりすることが得意なので、母親も沢山話しかけるけれども、男の子に話しかけても、「うん」「ああ」くらいしか返ってこないので、結果的にそうなってしまったと言うことです。

女がしゃべる目的は、ただしゃべるために他ならないわけで、日々起きた雑事について、しゃべるのはストレス解消法であり、パートナーとの絆を深める手段であり、心の支えなのだとか!

女はしゃべることが表現であり、元々脳がそのように出来ているようだ。だから、カウンセラーにかかるのも、聞き役であるカウンセラーも、圧倒的に女性の比率が高いのです。

おしゃべりを通じて人間関係を作りあげることを、女の脳は最優先している。そして、1日に六千~八千の単語を楽々としゃべるのだそうです。

更に言葉にならない声や音、顔の表情や頭の動き、などすべて合わせて1日平均二万回もコミュニケーションとしての言葉を発して、メッセージを伝えているのだそうです。

一方男の話す単語は1日二千~四千の単語、声や音、ボディーランゲージ全て合わせてもコミュニケーション活動は七千回と、女の1/3強、この差から男性が女はおしゃべりだと思うのも不思議ではないですね!

まとめ

生まれた時から脳の性差により話し始めるのも、語彙力も明らかに女の方が得意に出来ている物なのです。

1つのことに関してなら、男の話す言葉は短く、論理的で単刀直入に話し、要点をおさえてハッキリした結論を話すので、何を言いたいのか、分かり易い話をするのです。

ところが、男性は女性のように会話することを、コミュニケーションをとる一つの手段と捉えていないので、事実の伝達のためだけの会話になりがちな訳です。

女性はコミュニケーションの1つの会話なので、日々の雑事の諸々を只、男性に聞いて欲しくてとにかく、しゃべるのです。

それに対して、男性の特性で問題を解決しようとアドバイスをしたりして、女は口をはさまれることも、解決策を教えて貰うことも望んでいないと腹をたてる局面になりがちのようです。

男は女のように考えていることを全て口にする特性ではなく、1つのことに自問自答して導き出した結論だけを伝達するという会話スタイルな生き物なのです。

そんなコミュニケーション方法の捉え方の違いから、女性からすると、「男は口が足らない」と思うことが多いのではないかと感じました。

恋愛の脳科学、男女のすれ違いあるある」こちらもご参考にどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました