結婚のメリットデメリット10選

恋愛心理

すっかり晩婚化が進み、50歳になった時点で一度も結婚していない人の割合である、生涯未婚率は2015年の時点で男性の約23%、女性の約14%になっています。

2020年の現在は50歳で生涯未婚率って早すぎじゃないかな?と正直思っています。結婚の意志さえあれば、60代70代でも結婚のチャンスはある訳ですから!

結婚のメリット

結婚のメリットといったら、第一は好きな人とずっと一緒にいられるということでしょうか!人生のパートナーが出来るわけです。何と言っても、このために人は結婚するようなものですよね。

好きな人と一緒にいられるというのは嬉しいですし、特に遠距離恋愛だった人や仕事でなかなか出会いがなかった人たちにとっては大きな喜びや安心感を得られますね。

第二に家庭を持って、「精神的な安定感」を実感出来ること。自分の帰りを待ってくれている家族が居ること、また待ってくれている家庭がある事は精神的安定感につながりますね。

一人暮らしが長かった人にとっては更に、大きな喜びとなることでしょう。孤独感にさいなまれるということがなくなりますよね。家族が待ってくれていると思えば、仕事でどんなに疲れていても、家路を急いでしまう様に成る物でしょう。

第三に孤独な人が人生で良い人間関係を得ると寿命が延びるという研究結果があるそうです。

孤独なことはうつ病、統合失調症、薬物やアルコールの乱用といった精神的な疾患と同時に、心臓病、血管疾患、がんなど、ありとあらゆる病気のリスクを大幅に高めることがわかっているそうです。孤独は人生における幸福度をさげると言われています。

第四に特に女性の場合、経済的に楽になります。独身生活はある意味気楽でよいものですが、社会人であれば、いつも自分ひとりの力で生きていかなければならないというプレッシャーはあります。

ですが、結婚していれば老後の不安もある程度解消されることでしょう。例えば、仕事ができなくなっても夫に養って貰えますから。その様に経済的な負担が減ることから、精神的に楽になり安定するという作用もあると思います。

第五に親を安心させてあげられ、家庭が出来て、いつも居場所があり、家族に必要とされることに、精神的に充実感、満足感を得られることと思います。結婚のメリットを5つお話ししました。

結婚のデメリット

既婚者には、多少なりとも様々な制約が生じてしまいます。第一に、特に女性は、家事や育児をしなくてはならず、独身の時と比べると自分だけの時間はほとんどなくなってしまいます。

最近は家事や育児に積極的な男性も多いですが、普段は夫は仕事優先にならざるを得ない訳で、特に子供が小さい内は大変な場面が多いかと思います。

第二にこれは男女ともに、独身時代は自由に使えていたお金が使えなくなってしまいます。結婚式の費用、マンションやアパートへの入居、引っ越し費用などがとりあえず必要です。また、妻が寿退社した場合は夫のお給料で2人分の生活費を賄わなくてはなりません。

さらに、独身時代に比べてお小遣いが減ることにより友人に誘われても断らざるを得ない事が多くなります。また、友人のほうも「既婚者を誘う」ということに対して遠慮してしまうので、お誘いも少なくなるかもしれません。(結婚したら独身者と同じレベルで遊びまわれるものではなくなることは心得ておきましょう)

第三に 特に女性の場合、面倒な親戚付き合いが増えることは戸惑うことだと思います。結婚相手のことが大好きだとしても、夫の両親をはじめ親戚のことも大好きになれるかというと、それはまた別の話なので難しいという場合があります。

また、親戚関係が円満だとしても、気は遣うのでお正月やお盆などの帰省ではクタクタに疲れてしまうかも知れません。これから先何十年も続く親戚付き合いなので、気を遣わないわけにはいきません。

自分が子供の頃は楽しいだけの帰省だったのに、結婚した途端に楽しいだけの帰省と言うわけには行かないのが現実です。

第四に家族を養わなくてはいけないというプレッシャーがストレスになってしまうという男性もいるかと思います。 また、自分と妻の掃除方法や洗濯物のたたみ方、しまい方などに違いがあるため、それもストレスと思う方もいらっしゃるかも知れません。

元をただせば他人同士が一緒に生活をする訳です。多少のトラブルは当たり前だと捉えている方が良さそうです。

第五に交際中は相手に対して思いやりの気持ちを持って接することができていても、結婚すると相手の存在を当たり前に感じてしまうということがありがちです。

妻が家事をすることが当たり前で夫は感謝の言葉も態度もない、という不満を持っている女性も多くいます。また、家事や育児に夫の協力がないという夫婦もいます。

男女を問わず、相手への感謝の気持ちは、常に持ち続けたいですね。結婚はメリットも沢山ありますが、デメリットと思える部分もどうしても出て来てしまうものです。

まとめ

縁があって結婚して、人生を共にするパートナーになる訳です。円満な家庭を作るのも、日々小さなことで諍い合う夫婦となるのも、自分たち次第なのです。男女ともに、メリットもデメリットさえも、キチンと把握して理解して置くことはとても大切です。

双方が補い合って、尊重し合って、思い遣り合っていくしか夫婦円満の方法はないものです。お互いに安らげる家庭をガンバッテ築いて行ってください!

結婚してよかった人の割合7割以上です」「幸せな結婚をするのに大切な7つのこと」こちらもご参考にどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました