男女の話し方part2ハッキリ意見を言う男、遠回しに伝える女!

恋愛心理

前回に引き続き、話し方を変えると、男と女はもっとうまく付き合える方法をお伝えします。

男女で脳の反応の特徴から、考え方も話し方も受け取り方もやっぱり違いがあるのです!

男女の言葉のキャッチボールが上手くいかない理由

男は何でもストレートに「直球」で表現することを好む
自分の意志を明確な言葉で伝えることが大切であり、それこそが、会話する事の意味であると考え、そうすることが相手の為になると考えている
ビジネスや交渉ごとの場面では有効だが、女の発言を誤解しがち
例1
♀「最近どこにも行ってないわよね」
♂「え~先週映画観に行っただろ」
女の意味⇒「(映画や近くのお店だけじゃなく)二人きりの気分を味わえる場所に出かけたい」
男の捉え方⇒「この間映画観たばかりなのに本気で言ってるの?」
例2
♀「最近なんだか冷たくない?」
♂「そんなこと無いよ、何言ってんの?」
女の意味⇒「もっともっと愛情を態度で示してね」
男の捉え方⇒「いや冷たいと思われるようなことをした覚えはない」
※男は直球を投げ、女は変化球を投げることを男性は覚えて置こう!

男の暴言は親密さの証

 

つきあいが長くなるほど、男はパートナーに誉め言葉を言わなくなったり、扱いがザツになる男は結構多いと言われている!

男の考え方
男は言いたいことを言い合い、何を言われても許せる関係こそが「深い関係」で「心を許し合っている関係」だと思っている。又それを女性との関係にも当てはめようとする。(女同士の親しさの表現は「ニセの友情」「表面的な関係」だと思っている。)
女の考え方
彼が「キレイだね」とか「かわいいね」など言ってくれなくなった。「ああ」「うん」素っ気ない返事が多くなったと感じる。女性同士の親しい関係の場合相手を尊重して褒め合ったりお互いを認め合う肯定的な表現をする。
※男同士の関係性を女性とも同様に考えるため、ここに捉え方の違いから上手に理解できずいさかいになりがち!

言葉のワンクッションで女は気分よく話ができる

女性の言葉をしっかり受け止める方法
   ⇒「誉め言葉や肯定的なセリフを相手に返すこと」
彼女の発言に意見や反論がある場合
   ⇒最初から否定せず肯定的なセリフで受け止めた後でこちらの意見を付け加えること
よくない例1
♀「ねえ、どっちの服がいいかなぁ」
♂「わからないよ、そんなこと」
よい例1
♀「ねえ、どっちの服がいいかなぁ」
♂「どっちもいいけどなぁ、俺としてはこっちかなぁ?君はどっち?」
よくない例2
♀「二人で一カ月くらい海外旅行行きたいね~」
♂「そんなの無理に決まってるよ!」
よい例2
♀「二人で一カ月くらい海外旅行行きたいね~」
♂「うん、行きたいね。でも今はそんなに仕事が休めないからなぁ~」
※上記の例のように、ワンクッション置くことで、女性は気分よく話をし、気持ちを分かってもえらえている安心感を持ってもらえる。

女の言葉は裏を読め

例1
男性は「最近冷たくない?」などと否定的なセリフを言われると。女性の言葉をストレートに受け取って彼女が自分を非難・批判・攻撃していると思わないようにすることが重要です!
女性の意味⇒寂しいの、もっと愛情を示してね」というメッセージを変化球で伝えようとしていると理解する。
例2
彼女が「最近冷たくない?」と言った時⇒どうしてそう思うの?」と聞いてあげると女性は自分の思いを少しづつ話してくれるようになる
例3
彼女が「最近冷たくない?」と言った時⇒「冷たいかな?」と返してみてください。すると彼女が冷たいと感じている理由を話してくれやすくなります

男から期待通りの答えを引き出す方法

男性から傷つく一言や気分を害するような一言が予想外に返ってきたとしても、相手に悪意があったり、意地悪で言っているとか、攻撃してきていると考える必要はない
男性の意味⇒何も考えず思ったことや感じたことを反射的に口にしていることが大半
女性同士の場合
女性同士「この服似合うかなぁ」「どうかなぁ」という場面
似合うと言って欲しいとすぐ理解するので、あまり似合わないと思っても「似合うよ」と言う
彼の場合
彼相手だと直球判断なので、感想を聞かれていると思うため、似合わないと思ったら
「ちょっと、似合わないよ」とズバリ返事が返ってくる
解決策
例えば「髪を切ったのどうかしら?」ではなく
「髪を切ったの、すごく軽くていい感じなの」と自分の感情をハッキリ表現するのが重要
⇒そうすれば、「自分の意見を聞かれているのではないのだな」と彼も分かるので、「いいね、良い感じになったね」という期待通りの言葉が聞けることを理解しよう

まとめ

 

男性の言葉、表現、捉え方は直球なことを理解しよう。
女性の言葉、表現、変化球なことを理解しよう。
男性の暴言は、言いたいことを言い合い、何を言われても許せる関係こそが「深い関係」で「心を許し合っている関係」だと思っているため!
女性同士の親しい関係の場合相手を尊重して褒め合ったりお互いを認め合う肯定的な表現をする
彼女の発言に意見や反論がある場合
最初から否定せず肯定的なセリフで受け止めた後でこちらの意見を付け加えること
男性から期待通りの答えを引き出したいとき
自分の感情をハッキリ表現するのが重要自分の意見を聞かれているのではないのだな」と彼も分かるので、期待通りの言葉が聞けることを理解しよう!
男性の話し方、捉え方の特徴・女性の話し方、捉え方の特徴を双方で理解して、上手に対応して行けば、いさかいになる場面が劇的に減ることと思いますので、ご参考にどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました