失敗しない結婚をする方法5選

ノウハウ

愛する相手と結婚したはずなのに、幸せの絶頂を噛み締めていたのも束の間。共に生活をするようになったら、いつしか不満が溜まりに溜まって、顔を合わせる事も嫌になってしまうという男女がとても多いのだと言います。

この結婚は失敗だったかもと思っている人の割合は5割に達するというデータもありました。結婚したから必ず幸せになれる…ということではないのです。

私も今まで相談所の仲人をやりながら、YouTubeで恋愛や結婚のお話をして来ましたが、結婚するのに大切なことは何度も取り上げましたが、今回は失敗しないための方法をお届けします。

失敗だったと思っている結婚事情

失敗だったかも知れないと思っている人たちの結婚事情には実に様々な要因があるようです。

金銭感覚

夫の月収のこと、妻も働いていれば妻の月収のこと、また、ローンのこと、貯蓄のこと、衣食住などに関する金銭感覚が要因で、ケンカに発展してしまうことは非常によく有るようです。

金銭感覚のずれから小さなことで揉めたことが積み重なり、問題になるケースはとても多いです。

家事や育児に対する考え方

家事や育児に対する考え方や協力度合いが元で、妻の不満がたまっていくケースです。家事にもっと協力的だと思っていたのに、協力的でない場合や、家事に対する理解がなく、何をしても当たり前だという態度で、感謝の気持ちさえ見えない時。

また、夫が、家事や育児に対する要求レベルが非常に高かったりすると、妻の不満が溜まる要因になります。特に育児に関しては自分の育ってきた環境を当たり前と思っていることが多いので、一方的に問題視されたりということもあるようです。

親戚付き合い

元々の両家の親戚付き合いと、同レベル程度の親戚付き合いの場合は、大きな問題に発展することは少ないですが、どちらか一方がとても親密な親戚付き合いをする場合だと、その違いに戸惑い、小さなトラブルが起きたりということもあるかと思います。

結婚式、お葬式、など親戚の集まりがある場合に、ちょっとしたしきたりなどの違いから、大きな諍いになることもあります。

生活習慣や生活全般の価値観

同棲期間などなく結婚する方が、一般的ですから、パートナーの生活習慣を結婚して初めて知るということも多々あることと思います。

相手の大切にしている生活のルーティンや長年の生活習慣に直面して、驚いたということも起こり得ます。例えば、

夫は朝食を摂らない生活が長く、生活習慣を変える気がない場合などもありますので、小さなことの積み重ねが原因でケンカに発展するということもよくある話です。

価値観は多岐にわたり細かく小さなことを気にしだすと、色々なところが、不満に思えてくるということが起こり得るのです。

夫・嫁の不倫

パートナーの不倫がきっかけで、結婚したことに後悔する人も多くいるようです。不倫が発覚したら、男女にかかわらず、相手をもう信用できなくなってしまうものです。

信じていた自分が騙されていたことに、気付き許せないと思い、相手に対して嫌悪感でいっぱいになってしまうことでしょう。おそらく顔も見たくなくなるでしょうし、同じ空間にいることさえイヤになってしまうことと思います。

失敗しない結婚をする方法

金銭感覚対策

先ず、夫の稼ぎが法外に多くて、妻の収入は自分のお小遣いでOKだと公言してくれる夫の場合は問題になりませんが、それ以外の場合は、二人で働くのであれば、双方の収入に対してはオープンにしておくべきことです。

そして、結婚前に大まかに二人の収入からの負担割合や、生活費に掛かる金額などをキチンと概算で話し合って決めて置くべきです。

例えば、夫の収入のみで生活して行く場合だと、その収入に対して生活費に掛かる費用や、貯蓄にまわす金額がおおよそいくら位なのか、ローンなどがある場合はそれも計算に入れて、概算の内訳を決めて置くのです。

二人の自由になるお小遣いや、双方が不公平感を持たないようにしておくことはとても重要なのです。金銭的な問題で離婚に至るケースは非常に多いようです。

家事や育児に対する考え方対策

家事に対する分担などについては、大まかに結婚前に決めて置くと揉めることが少なくなると思います。

例えば、共働きだとしたら、朝食を作るのは妻だけど、後片づけやゴミ出しなどは、出社の遅い夫の仕事だとかですね。(これ実は長男夫婦がこうやってると聞きました)

また、保育園への送り迎えも、二人の仕事の都合や職場の方向に合わせて、臨機応変に協力して行くしかありません。

あらかじめ決めた置いたとしても、いざ現実的に生活して行くにつれて、問題が出て来たという場合もあるでしょう。

そう言った時に、双方が相手の話に聞く耳がある人かどうかは結婚前にちゃんと見極めておきましょう。

親戚付き合い

これは、その家庭によってやり方も、しきたりも様々でしょうから、妻側の親戚付き合いはメインを妻担当で、夫側の親戚付き合いはメインを夫担当でこなすことが、一番手っ取り早い方法でしょう。

二人で顔を出さなくてはならない場合は、お互いに補い合って助け合ってやって行くのが平和的解決です。

結婚前に、お互いの信頼関係がキチンと出来上がっていれば、外部的なお付き合いに関しては上手に話し合ってやって行けるはずです。

生活習慣や生活全般の価値観対策

生活習慣や、生活全般に関しては、結婚して、初めてわかることも多いのが、普通です。結婚とは生活して行くことの積み重ねですし、バラ色でも、毎日ラブラブだけでは生活して行けません。

そして、夫婦は別々の家庭で違う両親に育てられた他人同士なのですから、お互いの小さなやり方の違いについては、目につくことも、気になることも、珍しくないかも知れません。

だからこそ、結婚前に双方家庭の生活レベルや、家庭環境が大きく離れていない人を選んだ方が、価値観ギャップに悩まされることは少ないと思うのです。

二人の考え方に違いがあったときでも、お互いの考えをちゃんと伝えあい、理解し合い、時には譲り合える人を選ぶことが大切だということですね。

夫・嫁の不倫対策

不倫に走るということは、男女双方が現状が居心地がよくないと思っているから,

という一因がありますよね。男女ともに家庭ではパートナーとの生活に楽しさや、安心感や癒しを求めるものです。

それがなかったり、少なかったり、したから不倫したということも若干あるのではないかと思います。

結婚しても、できる範囲で、パートナーに魅力的に思って貰えるような、努力はした方がいいということですね。

男性で不倫や浮気をしやすい人は、ナルシストな人が多いそうです。これは結婚前にある程度分かりますね。また女性に対しては、貞操観念がありそうかどうかも、結婚前によく見極める必要はありそうです。

おわりに

失敗しない結婚をする方法を、起こりがちな問題の対策として、まとめました。

独身の内は、結婚に夢や理想をたくさん抱えていて、いざ結婚したら、こんなはずじゃなかったと落胆する人も相当数いらっしゃいます。だから結婚したカップルの3割が離婚しているのでしょう。

大事なので繰り返します。

金銭感覚に対して、結婚前によく話し合っておくことです。概算の内訳を決めて置いて、二人の自由になるお小遣いの確保や、双方が不公平感を持たないようにしておくことはとても重要です。

家事や育児に対する考え方対策は、それに対する分担を大まかに決めて置くことが大切です。家事や育児は夫婦でお互いの立場や状況を理解し合って、助けあって、協力し合っていくしか方法はありません。そうやって一緒にガンバッテいける相手を選ぶことです。

 

親戚付き合い対策には、それぞれの担当を決めて置いて、細かいことに関しては、お互いに補い合って助け合ってやって行くのです。お互いの信頼関係がキチンと出来上がっていれば、外部的なお付き合いに関しては上手に話し合ってやって行けるはずです。

生活習慣や生活全般の価値観対策では、結婚前に双方家庭の生活レベルや、家庭環境が大きく離れていない人を選んだ方が、価値観ギャップに悩まされることは少ないです。

夫・妻の不倫対策には、結婚しても、できる範囲で、パートナーに魅力的に思って貰えるような、努力はした方がいいです。またナルシストの男性と貞操観念のなさそうな女性を選ばないことです。

あなたの結婚生活が幸せいっぱいでありますように祈っています。

性悪女を見抜く方法5選」こちらもご参考にどうぞ!

コメント

  1. […] 「失敗しない結婚をする方法5選」こちらもご参考にどうぞ! […]

タイトルとURLをコピーしました