異性から魅力的なタイプになる6つの方法

女性心理

「恋愛」や「結婚」に関わることで、今までに、悩むことが何もなかったという人は、そうそういないでしょう。

大抵の男女は、思い通りにいかなかった過去を持っているはずです。また、これから先、色々な恋愛の悩みと付き合わなければならなくなるという方も大勢いらっしゃることと思います。そんな方のご参考になれば幸いです。

1)魅力的なタイプになる方法

異性が陥りやすい勘違い

男女で、考え方、捉え方、価値観にはどうしても、違いがあります。思考に違いがあれば、当然のことながら、異性に求めるタイプも片方が勝手に考えるタイプとは異なってきます。

男性は女性に対して「たくましさ」「ワイルドさ」「力強さ」といった面を強調することが、自分の男らしさを象徴するかに思う傾向が強いようです。それが、女性との際立った「性差」の違いでもあるからでしょう。

ただし、肝心の女性の反応は、異性が思うのとは、逆の結果をもたらしています。

例えば、キャバクラ嬢のアンケート調査によると、若いころに「不良だった」「ケンカが強かった」などと昔語りする男性客が、2,3割もいるといいます。

男性は「昔ヤンチャだった」と女性に語ると、自分を「たくましい」と思ってくれると勘違いしているようです。

実際には女性はこんな男性を「たくましい」とは思いません。むしろ、こういう昔語りをする男性を、「幼稚」だともみなす傾向にあるのだといいます。

こんなタイプは、単細胞ゆえに、女性を乱暴に扱う「オラオラ系」の男性にもなりかねない危険なタイプに分類するのだと言いますよ。

女性が男性に望むのは、1に「清潔感」2に「紳士」です。自分を大切に尊重してくれる男性こそが、女性にとっての理想の男性像なのです。

キャバクラ嬢のアンケート結果でも、男性はとにかく自慢が多く、「同期で一番早く係長になった」とか、「この時計200万円で買った」などと男性客から聞かされると、「スゴーイ」と反応だけはしてあげるものの、内心ではかなりウザイと思っているのだそうですよ。

女性が陥りやすい「勘違い」

一方で、女性も男性のことを誤解していることが少なくないようです。例えば、職場で女性が昇進し、異性の部下や後輩を束ねることになった場合などです。

自分の方が、階級が上になったという思いから、男性のような物言いで、部下や後輩に接する人がいるそうですが、逆効果になっているといいます。

男どもに、なめられてたまるか、という気持ちがはやって、命令口調で指図し始めたりするケースが少なくないのだといいます。こういう女性は、男性の部下や後輩を反発させ、余計なめられてしまうという結果になりそうです。

女性は、異性に接するとき、エレガントであることが、男性を従わせるツボと、心得ておくことは大切だそうですよ。

異性を、女性より格上の存在として、一目置いているかに見せて、命令形でなく疑問形で、「やってくださる?」「お願いできないかしら?」と頼るように指示すれば、男性は、「いいとこ見せよう!」と奮い立ってがんばってくれる物だということを心得ておきましょう。

男性が女性に望む理想形

男性は、女性に「母性」としての郷愁を、潜在的なイメージにもっているそうです。慈愛に満ちた、やさしい聖母マリアのような、神々しい存在でもあるわけです。その反面、いつも笑顔でしっぽを振ってくれる、「飼い犬」のように自分に従順な女性も求めているのだそうです。特に最初に話した、オラオラ系の男性は、こういう傾向が強いものなのだといいます。そして、どちらの場合でも理想の女性像は「上品さ」「エレガントさ」を兼ね備えた存在なのだと言いますよ。

男性は女性の「下品さ」を嫌う

男性は女性の「下品さ」を嫌うそうです。女性なのに、男性のような乱暴な言葉を使う女性は、大嫌いなのだと言います。女性には丁寧で、上品な言葉を使ってもらいたいと思っているそうなのです。

女性が、原付バイクのことを「原チャリ」などと呼ぶのを聞くのも、ガサツな性格に思えて抵抗がある男性は多いそうです。

女性は、意中の男性の前では、「上品さ」「エレガントさ」を忘れず、「笑顔」で「ボディタッチ」攻勢を仕掛けたら、簡単に男性を手中に収められそうだということです。

2)男女が喜ぶ言葉を駆使する方法

男性が喜ぶ「ほめ言葉」

男性は女性にもてる要素を勘違いしがちです。男性は女性に「たくましさ」「ワイルドさ」「力強さ」をアピールしたいと思っています。なので、これを文字通り受け止めてあげ、男性心理を満足させるのが賢いやり方だと言いますよ。

意中の男性と会話するときには、男性の自尊心をくすぐる言葉を頻繁にかけてあげることです。それだけで男性は、承認欲求が満たされ、相手の女性に「快感」を覚えるそうですよ。

男性が喜ぶ言葉一覧
「頼りになるなぁ」「スゴーイ」「力あるねぇ」「運転うまいですね」「才能ありますね」「物知りなんですね」「優しいんですね」「安心できるわ」「それ初めて聞きました」「嬉しいなぁ」「頼もしい方なんですね」
要するに、「たくましさ」「ワイルドさ」「力強さ」を讃えてあげることで、男性は簡単にモチベーションに火がつくのだと言いますよ。
とりわけ、男性は物事の結果にこだわります。何かの「成果」「責任」「実績」「仕上がり」などの事柄があったら、それに付随させて「男性が喜ぶ言葉一覧」の言葉などをガンガン贈れば、絶対ものすごく喜ぶでしょう。
不思議なことに、男性は女性からほめられると、お世辞とは思わない気質だそうなので、こんな女性からのほめ言葉は効くそうです。
女性が喜ぶ「ほめ言葉」

男性は「結果」にこだわりますが、女性は「プロセス」に重きをおく傾向にあります。男性が「論理思考」であるのに対して、女性は「共感思考」です。
遠い原始の時代に、最後に獲物を仕留めることができたかどうかが、重要だった男性に比べて、女性は周囲の同性の仲間と協調しあい、日々の木の実や植物の採集活動をするという特性が、今に生き続けているのだと言いますよ。

女性が喜ぶ「ほめ言葉」
●「君のおかげでうまくいったよ」「君のアドバイスで皆がまとまれたよ」
女性は、●のこんなプロセスを評価してくれる言葉にジーンとくるようです。女性の存在そのものを肯定する言葉が、そのまま女性が好む「プロセス評価」にもなるわけです。
男性は元々、褒めることが苦手です。男性同士でも、相手をあまり褒めることがない為、褒めることに慣れていないのです。
男性同士は「論理思考」で獲物を射止めたものが勝者でした。故に、男性同士は常に張り合うライバル関係にあるため、相手を褒めると屈服した思いにつながり、プライドが傷つくのが嫌なので、相手を褒めたくないのだと言いますよ。
そんな傾向だったために、女性を前にした時にも、ベタなほめ方しかできないようです。「キレイですね」「かわいいですね」「素敵なファッションですね」「素敵な鞄ですね」…などですね。
外見に自信がある女性は、褒められて嬉しくない訳ではなくても、内心「またかよ」「そこかよ」と、手放しで喜んでは貰えないのです。男性が注意すべきは、女性を褒めるときは、内面を褒めるように心がけると、上手くいくようになるようです。
女性が喜ぶ「ほめ言葉」
▲「センスがいいね」「知性が光るね」「アイデアが秀逸」「教養豊かだね」
褒め上手ではない男性は、自然な感じで女性を褒められるように、日ごろからほめ方を練習しておくといいそうです。

おわりに

※男性は女性に対して「たくましさ」「ワイルドさ」「力強さ」といった面を強調することが、自分の男らしさを象徴するかに思う傾向が強いです。ですが、実際には女性が男性に望むのは、1に「清潔感」2に「紳士であること」なのです。

※女性は、異性に接するとき、エレガントであることが、男性を従わせるツボと、心得ておくことは、とても重要なのです。

※異性の部下や後輩を持った場合の女性は、男性の真似をするのは間違いです。男性が望む、理想の女性像は「上品さ」「エレガントさ」を兼ね備えた存在なのです。

※女性は「上品さ」「エレガントさ」を忘れず、「笑顔」で「ボディタッチ」攻勢を仕掛けたら、簡単に男性を手中に収められそうだということです。

※男性が喜ぶ「たくましさ」「ワイルドさ」「力強さ」を讃えて、褒めてあげると、男性はとても喜んでくれるものです。

※男性はそもそも、人を褒めることがとても苦手なのです。女性を褒めるときは、内面を褒めるように心がけると、上手くいくようになりますので、男性は女性を褒める練習をした方が、上手に女性を褒められるようになりますので、覚えておいてくださいね!

出会いと恋愛の心理学」こちらもご参考にどうぞ!

コメント

  1. […] になれますように、努力して、継続的な幸せを目指して頂きたいです。 「異性から魅力的なタイプになる6つの方法」こちらもご参考になさってください。 出会い 女性心理 男性心理 結 […]

タイトルとURLをコピーしました